スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edition8 のポータブル機!?

今更ながらULTRASONEのeditin8を購入したので、レビューを綴ってみる。

edition8

今回、購入したのはルテニウムバージョンなので、表面はテカテカ。
傷がつかないか心配していたが、些細なことではつかない。
ただ、屋外へ持ち運んだりすると、傷はつくと思われる。

外見は、先進的なデザインでなかなかかっこいい。

また、装着感もよく、軽いので長時間の使用も問題はなかった。

さて、iPhoneに直ざしして鳴らしてみると音量も問題なく取れていて、
フツーに鳴らしてくる。
さすが、高級ポータブル機といったところ。

音質は、ゾネの中では、聞きやすく疲れにくいといった印象。
音の傾向は、中高音よりのフラット。
自分としては、もう少し低音の量感がほしいと思ったが、
これはこれで良くまとまっていて悪くない。
また、ポータブル機(iPhone直ざし)とは思えないくらい解像度が高く、
クリアな音。
基本的に元気な音なので、いろんな曲を楽しく聞かせてくれる。

しかし、ポータブル機としては少し首を傾けざる負えない。
折り畳み不可&音漏れが結構ある。
これは、ポータブル機としては致命的。
なので、自分は屋内のみの使用となっている。

だが、屋内の使用でもわざわざ据え置きアンプに刺さなくても、
素晴らしい音を奏でてくれるので、自宅で気楽にリスニングしたい時には、
持って来いの機種だと思う。


ここで、試しにDA-100につないで鳴らしてみた。
edition8 da-100
音は確かに良くなった?って印象でピンとこなかった。
これなら、iPodなどに直ざしでも、音質的に大きな変化はないように感じた。
まさにアンプなしで鳴らしきれる高級ヘッドホンなのだということがわかった。





スポンサーサイト

ケーブルで音質は変わるのか

よくイヤホンのケーブルをリケーブル(自作)などして音質が向上したというのは、
よく耳(目)にする話であるが、本当にそこまでの変化があるものなのか。


自分としてはアンプなどのコンデンサの部品を取り替えたりすると
音が変化するのはよく実感できるが、いまいちケーブル(線材)となると
ちょっと変わったかな?程度の実感しかなかった。


そこで、今回テキトーに自作でイヤホンのケーブルを作成して、
一聴してわかるくらいの変化があるのか試してみた。

作成したのはIE8のケーブル
自作 ケーブル

写真下の自作ケーブルとノーマルケーブルを比較してみた。


さて、結果だけ言うと

確実に音は変わります。

はい。
一聴してすぐわかるくらいに・・・。
(かなり糞耳の自分でも)

自作ケーブルはそこら辺の安い線材を使用しているが、
ノーマルに比べて、ヴォーカルと低音の輪郭がかなりはっきり
していた。
しかし、全体的に音がごちゃごちゃっとした印象を受けた。


今まで、あまり線材を意識して使っていなかったが、
ケーブルも音質に影響を与える重要なパーツであることがわかった。

今度からはもう少し線材にこだわってみようと思う。

テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

@ちゃま

Author:@ちゃま
管理人は、
このストレス社会の中、日々、勉強に励んで?いる。
現在、バイトを辞めたのでぷー太郎状態・・・

最新記事
iPod周りはコレでOK
iPod用お手軽スピーカー
スポンサードリンク
カテゴリ
ブログランキング



スポンサードリンク
QRコード
QRコード
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。