FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バランスドアーマチュアとは

さて、最近よく耳にするバランスドアーマチュアという言葉

バランスアーマチュアとは何だ??」
という方が、結構いると思います。

そこで、今日はバランスドアーマチュアについて出来る範囲で
解説していこうかな。

まず、バランスドアーマチュアとは、イヤホンのドライバユニットの型式。
(頭文字をとってBAと略されることが多い)
このほかに、ダイナミック式というのがあり、市販されているのは、このダイナミック式と
バランスドアーマチュア式である。
現在、量販店などでよく見かけるイヤホン(一万円以内)は
大抵がダイナミック型と考えてよい。

バランスドアーマチュアは、おもに補聴器において広く利用されているとても小型なユニット。
ダイナミック型と比べるとスピーカーが担当し得る周波数帯はせまくなるため、
機種によっては複数のスピーカーを利用したマルチウェイとされることがある。

このことから、シングル、デュアル、トリプルどらいばといった感じでマルチウェイ化される。
シングルドライバ・・・すべての音域を一つのユニットで担当。
デュアルドライバ・・・中高音域専用ユニットと低音域専用ユニットで担当分け。
トリプル ドライバ・・・音域専用のアーマチュア1基、 中/低音域用のアーマチュアを2基。

トリプルやデュアルの音域の担当分けは、メーカーによって異なってくるが、
だいたいこんな感じだとおもわれる。

バランスドアーマチュアの型式のイヤホンで有名な会社の一つである
Ultimate Ears社の製品で比較すると

シングルドライバ・・・Super.fi 3 Studio \ 14,700 市場予想価格
デュアルドライバ・・・Super.fi 5 Pro \ 32,970 市場予想価格
トリプル ドライバ・・・Triple.fi 10 PRO \ 49,980 市場予想価格

といった感じで区分されている。(市場予想価格は公式ホームページより)
もちろん、シングル<デュアル<トリプルといった具合で価格も高価になってくる。
音質の方は、もちろん好みもあるだろうがマルチ化していくほうが音も良くなる。


Triple_BalancedArmature_JP.jpg
↑の画像がユニット部(Ultimate Ears製)である。
これは高音域1基/中低音域2基の合計3つのドライバをもつTriple.fi 10 PRO のものだ。
写真で見ると少し大きく感じるが、実物はとても小さい。

また、最近ではWESTONE4という4ドライバ搭載の機種も出ている。
このWESTONE4という機種は、低域に2基のドライバを割り当てて、質の高い低音域再生
を売りにしているようだ。

音の傾向では
バランスドアーマチュア型は、中高音域が得意で遮音性も優れている。
ダイナミック型は、主に低音が得意で迫力ある音を再生しやすい。

簡単に説明するとこんな感じである。
ダイナミック型しか使用したことがない方は、ぜひバランスドアーマチュアも
試していただきたい。

ここで、バランスドアーマチュア型の主な製品メーカーと代表機種を紹介

海外メーカー
shure・・・SE110 , SE210 , SE310 , SE530 など
Ultimate Ears・・・Super.fi 3 Studio , Super.fi 5 Pro , Triple.fi 10 PRO など
Etymotic Research・・・ER-6 , ER4P , ER4S など


国内メーカー
audio-technica・・・ATH-CKM90 , ATH-CK9 , ATH-CK10
PIONEER・・・SE-CLX7 , SE-CLX9

こんな感じ。

まぁ、この中でもメジャーなのは shure , Ultimate Ears , audio-technica
といったところだろうか。
そして、手を出しやすい低価格帯では、
Super.fi 3 Studio , SE110 , SE-CLX7 あたり
この中で、ネット上などで評判がいいのはSuper.fi 3 Studioだと感じる。

UE_EarLoop_JP.jpg
また、Ultimate Earsshureの製品や、audio-technicaATH-CK9 , ATH-CK10
は上の画像のように
耳の後ろから、イヤホンを装着するイヤループデザインを採用している。
この装着法は、ダイナミック型に慣れている人にとっては少し抵抗があるかもしれない。

また、Appleから近日発売予定のバランスドアーマチュア型のカナルイヤホン
Apple In-Ear Headphones with Remote and Micこれも視野に入れておきたい
詳しくは前回記事
このAppleのイヤホンがヒットすればバランスドアーマチュアの機種がより一層
増えるだろう。

これからも、発展があるだろうバランスドアーマチュアに期待したい。

スポンサーサイト

テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

@ちゃま

Author:@ちゃま
管理人は、
このストレス社会の中、日々、勉強に励んで?いる。
現在、バイトを辞めたのでぷー太郎状態・・・

最新記事
iPod周りはコレでOK
iPod用お手軽スピーカー
スポンサードリンク
カテゴリ
ブログランキング



スポンサードリンク
QRコード
QRコード
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。