FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーディオテクニカ トリプルBA 発表!!

ついに、オーディオテクニカがやってくれた。

今までは、オーディオテクニカの
バランスドアーマチュア型イヤホンはデュアルまでだったが、
オーディオテクニカ既存製品一覧

ついに、トリプルバランスドアーマチュアのイヤホンが
今日、発表された。

それが、
ATH-CK100

aut1_03.jpg
(クリックで拡大)

トリプルバランスドアーマチュア機として有名なUltimate ears
Triple.fi 10 Proは、高音域専用のアーマチュア1基、
中/低音域用のアーマチュアを2基採用している。
しかし、ATH-CK100は中高音用に2基、低域用に1基という構成になっているようだ。

中高音用に2基もってくることで、オーディオテクニカ特有の高音の色艶
を再現してくれるのだろうか。

しかし、低域にアーマチュア1基だから、
低音にはあまり期待できそうにはないかな。

低音を鳴らしにくいバランスドアーマチュアでどこまで、
低音をだせるのか、オーディオテクニカの腕の見せ所かもしれない。


ちなみに、トリプルドライバータイプのイヤホンとしては
世界最小、最軽量だそう(今現在)。
10 Pro はでかくて重いのが欠点であるのだが、
そういった、トリプルドライバーの欠点を解消しているのもスゴイ。
(小さく、軽くすることが優先になってなければいいが・・・)

また、ATH-CK100にはシリコンイヤーピースだけでなく、
ウレタンの低反発イヤーピースも付属するようだ。



で、やっぱり気になるのが値段&発売日だが、

値段:56,700円
発売日:11月21日

たっ高い・・・
10 Proの49,800円を越えてきた。
そして、発売は来月とかなり早い。

実際、10 Proを超えられるイヤホンなのかはまだ不明だが、
やはり楽しみなイヤホンであることは間違いない。

     クリプシュのBA型イヤホン 特集中!!



スポンサーサイト

テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

もうすぐ発売!MDR-EX500/300 !!

sony の新カナルイヤホン MDR-EX500/300が、
もうすぐ発売!!

前にカナル型(耳栓型)イヤフォン「Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic⇒前回記事
を紹介したが、今回のsonyのMDR-EX500, MDR-EX300 の両機種も
チェックしておきたいイヤホン間違いなし!!

まずは価格
MDR-EX500が1万2390円
MDR-EX300が6195円

で、発売日は10月10日

うんうん。

EX500は、発売と価格帯がAppleの新カナルと
見事にかぶってきてる(笑

違うのは、型式がEX500がダイナミック方式で、
Apple In-Ear Headphones がバランスドアーマチュア方式
ってところかな。
MDR-EX500SL.jpg
で、↑がEX500。この機種はブラック、ホワイトの2色展開。
MDR-EX300SL.jpg
で、↑のこっちがEX300。こっちはブラック、ホワイト、バイオレット、レッドの4色展開。

うぅ~ん。
なかなか、どちらもカッコイイ!!デザインだ。
正直、appleの新カナルよりこっちの方がデザイン的には好みだ。

この二つのイヤホンは,それぞれ
大ヒット?となったMDR-EX90 , MDR-EX85の後継機になる。

EX90は一万円以内で買える高音質イヤホンとして、称賛を浴びていたが・・・・
カナル式の大きな欠点である音漏れで大いに批判の的ともなっていた。
(たしかに電車でもこの機種をよく見るが、音もよく漏れている。小さい音量で聞く人は別だが)
つまりは、いろんな意味で注目を浴びていた機種なのである(笑


今回の新機種でその欠点がどう解消されているか
期待したいところだ。

また、新機種が発売されるので、MDR-EX90MDR-EX85
廃番になるようだ。
なので、これらの機種の購入を考えている人は在庫のある
今のうちに買っておいたほうがいいだろう。
それに、今なら家電量販店などで在庫処分価格で
安くなっているようだ。
(ただ、音漏れを覚悟しなければいけないが)

また、一部の噂ではEX500はEX90と音の傾向は、
ほとんど変わっていないが、音漏れは改善されているとのこと。
(真偽は不明)

10月10日の発売ではあるが、
現在 sony style(⇒リンク)  にて先行予約を受け付けている。
少しでも早く入手したい人はこちらから購入したほうがイイかもしれない。

っていうことで、10月はイヤホンのアツい戦いを
見ることができそうだ。











テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

appleのカナルイヤフォンは驚きの価格?



かなり今、気になっているイヤフォン
appleから発売されるカナル型イヤフォン「Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic

これは、新iPodファミリーの発表と同時に発表されたイヤフォン。

まず、2ウェイバランスドアーマチュアなのである。
ここまでは驚かない・・・・

ふむふむ・・・
appleもついにイヤフォンに力をいれはじめたか

で・・・・価格は・・・・・・?


えええ・・・9,400円・・・・・・・・・・!?!?

そう、9400円なのです。

2ウェイバランスドアーマチュアなら、いくら安くても大抵2万円は出さないと
買えません。

それが、一万円で買えるのです。
これぞappleの価格破壊。
その性能はまだわかりませんが・・・・・発売は10月あたりだそうです。

もし、これが大ヒットしたら高級カナルイヤフォンの価格帯が下がるかも
しれませんね。

まぁ。お金がない僕にとってはこんなうれしいことはありません。
けど、発売してすぐには買いません(笑
評判を見てからにします。

安いと言っても一万円なんで(笑

で、with Remote and Mic と書いてあるとおり
ケーブルの途中にマイク内蔵のコントローラがあります。
これでボイスレコーディング対応のiPodと組み合わせることで録音が可能。
また、コントローラは両端に備えた±ボタンでボリューム調整が行なえるほか、
中央のボタンを押すことで音楽や映像の再生/一時停止や、早送り/巻き戻しが可能。

icon-control.jpg

↑がコントローラ部分。
9400円でこんなのまで付くとは・・・

これで、電車内で選曲や音量調整がしやすくなりそう
今までは、本体をポケットから出して調整したり
ポケット内で調整していたのに

これは便利そう!

しかし、この機能が使えるのは
第4世代iPod nanoiPod classicの120GBモデル、第2世代iPod touchのみ

つまり、これ以外の機種の人は使えないコントローラ部をぶら下げなければ
いけないということに・・・
なんだかあぁ

でも、やっぱり2ウェイバランスドアーマチュアでこの価格っていうのは
超魅力的。

スペックとしては
生周波数帯域は5Hz~21kHz。
インピーダンスは23Ω。
感度は109dB。
ケーブル長は約1.3m。


とりあず、発売を待ちましょう!!

ちなみに↓がパッケージ。なかなかappleらしいパッケージ。
MA850_AV5.jpg





テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

@ちゃま

Author:@ちゃま
管理人は、
このストレス社会の中、日々、勉強に励んで?いる。
現在、バイトを辞めたのでぷー太郎状態・・・

最新記事
iPod周りはコレでOK
iPod用お手軽スピーカー
スポンサードリンク
カテゴリ
ブログランキング



スポンサードリンク
QRコード
QRコード
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。