FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぺるけアンプ AC100Vのその後・・・

あぁ・・・
久しぶりの更新。
(クドさん遅くなりましたが、一応コメ返しておきました・・ゴメンナサイ)


マイカー購入から、ずっとカーオーディオに夢中になってました。
そして、バイトの毎日・・・・・


で、以前に制作したぺるけアンプAC100Vをそれなりに鳴らしこんだのでレビューを。
ぺるけ

まず、DC12V版と比べてみる。
ぺるけさんのところでも言われている通り、音の傾向はほとんど
同じような感じである。

しかし、コンデンサや抵抗を少し変えているので
やはりその点で音の違いがはっきり出ている印象。
(コンデンサはUTSJ , KZ、抵抗はRAY)

さて、AC100V版では
・中音域が少しへこんでいるように感じたが、鳴らしこんでいく内に
少しマシになった様子。
・音場は、明らかに一枚上の広がり。(広がり方は同じ)
・低音がブリブリ出る。
という感じかな。

気になったのは、SA6で聞くと無音状態の時にブゥーンという
ノイズが聞こえること。(ヘッドホンでは、聞こえない)
これは、僕の電源部の制作のツメの甘さが原因だろうなぁ・・・

あと、sa6で聴くと本当に低音ブリブリで、コテコテの濃い音・・・
これは、コレでいいかも・・・

まとめると、AC100V版の方がより懐の深い音をだしてくれている
ように感じた。

以上・・・

スポンサーサイト

テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

とりあえず AC100V版 ぺるけ号 完成。

といことで、ぺるけ式アンプ2号完成しました。
音出しには数日前に成功していたんだだけど、
少し手直しなどをダラダラしてたら遅くなってしまった。

あーーー。
それと、本家のぺるけさんのホームページに
製作例としてリンク追加してもらってるみたいで感謝感謝。

で、まぁ。せっかく、完成したんで写真でもアップしてみます。
ぺるけ
電源部はそのまま、ぺるけさんの回路を参考に・・・
しかも、無駄にKZとかUTSJ使ってる気が・・・
トランスは、ノグチトランス。
トランジスタやダイーオードなどは、ぺるけさんから。

で、抵抗はオーディオ用のRAYを使用
(これのせいでムダに金が・・・・)
ほとんどの部品が千石で揃ったけど、ALPSのボリュームは
門田無線、トランスはノグチトランスで購入。

前作から、配線具合は成長していませんが、
ほんの少しだけスッキリしたかな。

ぺるけ アンプだぁ
DC12V版と記念撮影。
DC12V版のケースはタカチのYM180、
AC100V版はYM250でイイ感じに納まりました。

あと、AC100V版の左上に無駄に穴があいているのは
LEDを取り付けるはずが・・・・
失くしてしまったので、とりあえず無駄にあいたまま。。。

レビューは、もう少し鳴らしこんでからしてみます。

テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

ULTRASONE HFI 780 レビューのようなもの

昨日、韓国のGmarketから到着したHFI 780を軽くレビュー。

ultrasone 780

まず、ケーブルはそれなりの太さで癖がつきやすそうな感じなので、
取り回しの良さは、あまりない。 (また、切断して短くする予定)

次に、装着感はなかなかガッチリとしていてイイ感じ。
頭頂部などが痛くなるという報告をよく見かけるが、
僕の場合は、まったくないので中々の着け心地。

さて、肝心の音は。
高音がよく伸び、締まった低音がよく出ている。
いわゆるドンシャリ傾向の音である。(昔、使っていたイヤホンが懐かしい)

高音は柔らかさや温かみのある音ではなく、金属的なキンキンとした鳴り方。
なので、少し刺激がある音なのでフツーに聴き疲れする。
AKGの高音に慣れてしまったせもある)
これがキラー直人なのか・・

低音は、量はあるが質としては微妙な感じがする。
僕としては、もっと厚みがあって迫力のある低音を期待していたからなぁ。
でも、K702よりもイイ低音が出ているので取りあえず満足としよう。

また、全体的にキレのある音とスピード感がある鳴り方なので、
ロックなどを聴くとテンションを上げてくれる。
音場としては、聴き始めは狭く感じていたが、
ULTRASONE独特の音場感に鳴れるとツボにはまる。
これが、S-Logicの効果なのか!

あーーー。あと、付属のCDがなかなか良かった。
hfi 780 ultra
trust your earsってフレーズがイカすね。
1曲目と6曲目あと、20曲目に感動した。
とくに、6曲目は・・・・・
これは、ホントにスゴイ。僕の後ろに海(小川?)が
あるような錯覚を覚える。

とまぁ、今回買っただけのの価値は十分あるものだと思う。
ただ、ホントに良い意味でクセのある音だなので、
好き嫌いが別れそうなヘッドホンである。
あと、DVD観賞用にもカスタマイズされてるみたいなので、
時間がある時にでも、DVD鑑賞してみるか。

テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

ULTRASONE HFI 780

ドンッ!
ultrasone


ついに到着。
購入は、韓国のGmarketにて・・・。
注文したのが向こうの旧正月と重なったのでかなり時間がかかってしまった。

そして、今日。朝9時前にEMSで到着!
いやー待ちに待ったよゾネホンことULTRASONE

今回、購入したのはHFI 780
まずは、パッケージから・・・・
ultrasone
クリックで拡大。

付属品は、巾着とCD。
hfi 780

hfi 780 cd
ヘッドホンにCDが付いてくるとは・・・。
後で、聞いてみよう。

さて、HFI 780を箱から出して側面を見てみる。
hfi 780 ultrasone
クリックで拡大

実際、見てみると案外・・・安っぽいねー。
あと、HFI 780の文字プレートがポロッと取れた人が
何人かいるらしい。
外れないといいんだけどなぁ。

最後にAKG K702と比べてみる。
k702 hfi780
うーん。
やっぱり、HFI 780はなかなかコンパクト
(K702が大きいだけ?)

音のレビューは、また今度にでも軽くやります。

テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

ぺるけアンプ 制作中・・・・

今日は、ケース加工をした。

バイトから帰って、ハンドドリルで穴を開けて、リーマで穴を広げて、
そして、ヤスリで調整・・・・

結果、なんとか出来上がり。
ぺるけ アンプ22

クリックで拡大

ACインレットの穴の加工が一番、苦労した。
しかも、いろいろとあり、かなり雑な加工に・・・・

あと、前に注文していたボリュームつまみが到着していた。

つまみ
右が今回のアンプ用に購入したツマミ。
左は、iBasso P3 用に前に購入したもの。

いやー。
大きい方が、量感があっていいねぇ。
あと、明らかにボリュームを回しやすそう。

明日頃には、ゾネホンが着くかなぁ---

テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

ぺるけ式アンプを作ろう  2作目(AC100V)

さてさて、前にぺるけさんのところのヘッドホンアンプ
作成して、その音にすごく感動しわけですが・・・・前回の記事はコチラ

今回は、AC100V版を作ろうと思いまして、
(ぺるけさんのAC100V版についてはコチラ
まずは部品を発注しましたとさ。
それが、コチラ
千石

今回は、少しだけ贅沢品を使おうと思い、
コンデンサーは、ニチコン KZやUTSJ
抵抗はオーディオ用のRAY
などを注文してみた。
写真のものは、すべて千石での購入。
トランジスタ等はぺるけさんに送ってもらった。

あと、はんだもなくなってきたので近くの
ホームセンターで購入。
はんだ
オーディオ用という文字に惹かれてついつい。
まぁ、はんだの違いで音の良しあしがわかる玄人
ではありませんけどね・・・・

ということで、一生懸命制作中。。
アンプ ぺるけ

テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

iBasso P3の改造はある程度完成?

いろいろと改造を繰り返してきたP3だが、
とりあえず満足な音が完成?したと思うので、
もうあまりイジらないことにする。
(今は、また違うアンプを作成中)

で、とりあずマイP3改の内部を公開してみる。

ibasso
クリックで拡大

写真の通り
L/R:OPA2107AP
buf :BUF634P スタック(BWモード)
3/4:OPA627AP

コンデンサ:ニチコン HZ 3300μF +α
VR: ALPSボリューム RK~

この中で、いじっていて変化に感動したのは
BUF634PのBWモード、次にコンデンサをHZに交換した時かな。

OPA2107はLRに入れたら音場が広くイイ音になるので感動するが、
3/4に入れるとすごくショボイ音になる。

あと、BUF634をBWモードにしてから電池の減りが酷い・・・・
8時間くらいしか持たない気がする・・・
少なくとも10時間は持たない。
電車の中でいきなり音が鳴らなくなった時は、悲しかった。

だけど、僕的には音質重視なので変更は考えていない。
ただ、OPA627BPをゲ入手できなかったのは心残りだけどなぁ


さて、前に注文したULTRASONE のヘッドホンが来るのを
おとなしく待っているか・・・

テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

iBasoo P3 のリコール並の欠陥?

ようやく、大学のテストも終わり、一安心したところに
安心できない情報が・・・・

iBasso fi. Quest (P3c)で有名なOhOPAMPYAcさんの昨日の
某掲示板での発言。

◆OhOPAMPYAc :2009/02/03(火) 01:13:33 ID:vrXSvKbz
この件はP3ユーザ全員にオススメしたい故に公共性を考えてココに書くよ
李氏に改善要求フィードバック済みなので発表と言うことで…

P3を運用していて気付いたのがジャックのコモンとシャーシが触れてしまうという構造上の欠陥
何が言いたいかというと、
根本的にシャーシは一番低い電位…つまりV-(Vee)でシールドされているんだけど、
それが外力によって容易にInとOutのジャックのコモンに触れてしまうワケで…
コモンは言うまでもなくGND、つまり電池電圧の約半分がかかってる
それがシャーシに触れるとGNDの電圧がストンとその最低電位まで落ちるということ
何が起きるか?

つまりこういう事↓
ttp://photo4.avi.jp/photo/7/396928/396928-27717-0-146461-pc.jpg
この面積分の電流がイヤホンorヘッドホンにかかる

ハッキリ言います…ふとしたきっかけでお高いイヤホンやヘッドホンをDCで壊したくなければ、
ジャックのコモンとVRの金属部をスミチューブで絶縁して下さい!!!!



らしい。
マジですか。そういえば、以前イヤホンとかにヒドイ接触音
が鳴ってたことあったけど・・・・
このせいだったのか?
それに、最近12V駆動にしたばかりだから、
さらにヤバイ感じですか?

とりあず、心配なのでさっそく絶縁作業。

ibasso p3
赤で囲ったところを絶縁テープをまいてみる。

ibasso p3
すぐに、完成。

これで、ひとまず安心?
ほんとは、ボリュームもやったほうがいいらしい。
今回は、バイト前のすきま時間で片づけたのでジャックのみ。
これで、イヤホンやヘッドホンを壊す恐れもなくなるかな。



テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

@ちゃま

Author:@ちゃま
管理人は、
このストレス社会の中、日々、勉強に励んで?いる。
現在、バイトを辞めたのでぷー太郎状態・・・

最新記事
iPod周りはコレでOK
iPod用お手軽スピーカー
スポンサードリンク
カテゴリ
ブログランキング



スポンサードリンク
QRコード
QRコード
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。