FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若松 TA-2020 改造してみよう 

若松のTA-2020のキットを購入し、組み上げた。

そこで、自作ならではの改造をほどこしてみようと考えた。

で、よく話題に上がる改造方法はICへの5V電源の供給方法だろうか。
そこで、早速この改造を施してみることにした。


改造方法はいろんなホームページで方法が挙げられているので、詳細は割愛させてもらって
簡単にまとめてみる。

まず、ICの30pinの足を切断してICによる5V供給をなくす。
そして、2pinと8pinにレギュレータを用いて5Vの供給を行う。
今回使用したレギュレータは5V1Aのもの。

そして、適当にレギュレータを設置して、音を出してみた。
ちなみにレギュレータはこんな感じ。
レギュレータ 5V


どきどきの瞬間であったが、あっさりと音が鳴った。
とりあえず、チョー仮接続でテスト。
こんな感じです。
TA 2020 レギュレータ

で、音だしを確認できたので、しっかりと組み直して
改めて音だしをしてみて、音質を確認してみた。

ま、多くのレビューにある通り、音は変わります。
ええ、格段に良くなります。
一番変化を感じたのはヴォーカルの定位感ではないだろうか。
本当にバシッと決まって気持ちいい音鳴り。
しかし、期待していた低音の変化はなく、相変わらず物足りない低音である。

まとめると、今回の改造は安価で簡単に出来る改造でありながら、
思わぬほどの変化を感じられる結果となった。
スポンサーサイト
プロフィール

@ちゃま

Author:@ちゃま
管理人は、
このストレス社会の中、日々、勉強に励んで?いる。
現在、バイトを辞めたのでぷー太郎状態・・・

最新記事
iPod周りはコレでOK
iPod用お手軽スピーカー
スポンサードリンク
カテゴリ
ブログランキング



スポンサードリンク
QRコード
QRコード
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。